儲かりそうな株の銘柄を極める

株をするということは、利益を出すことを目的とするわけですから、儲かりそうな株を見つけることが重要なポイントになります。そこで、儲かりそうな株というのはどのようなものかといえば、これは人によっても変わってきます。投資する金額から、保有する期間まで人によって異なってくるわけですから一概にこの銘柄が一番いいというものはありません。大きな利益が期待できる銘柄というのは、その分リスクも大きなものとなってしまいますし、リスクが少ないものは利益も少なくなりがちです。そのため、儲かりそうな銘柄を選ぶにしてもどれだけのリスクを許容できるのか、どれだけに期間保持する予定があるのか、投資をする資金はどのぐらいあるのかということを考慮に入れた上で銘柄選びをしてみると良いでしょう。少額の資金で大きな利益を上げたいというのであれば、その時になにか大きな材料が出て盛り上がっている銘柄を選べば、値動きが激しいだけに上手く波にのることができれば、大きな利益を期待することができます。逆に極力リスクは撮りたくないというのであれば、2020年のオリンピックに向けて業績が伸びていくことが期待できる建設関連の銘柄を選んでみるという選択肢もあります。建設関連の銘柄は短期的に大きな乱高下をするようなものではありませんが、長期的な視点で見た場合株価が上昇していく可能性が高いだけに、長期投資を考えている人にとっては儲かりそうな銘柄ということになります。このように儲かりそうな銘柄というのは、人によっても変わってくるものであるため投資のスタイルに合わせてどのような銘柄が一番儲けることができそうかということを考えて、選んでみると良いでしょう。

株の銘柄で失敗するパターン

自己資金を証券取引場に上場している企業に投資をする事によって、上場した企業が集めた資金で経営を好転させた時に毎月もしくは毎年に決まった時期に挙げた利益の数割を還元することを株とよびます。一般的に株は上げた利益の還元であることから上げれば上げるほど還ってくる利益率が高いことから老若男女問わずにおこなう人が増えているのですが、しかし実際に株で成功する人というのは少なく大半は失敗することが多いのが現実です。その株の銘柄で失敗するパターンとして最も多いのが有名で知っている銘柄を買っておけば安心という安易な考えが一番の失敗原因として挙げられます。基本的に株は最低金額10万円を支払うとしても実際に還元されるときには10万円以下になることを想定しておくハイリスクハイリターンであることに変わりなく、それゆえに株を行うなら失敗が少ないと思われる有名な企業を購入することを考えてしまいます。たしかに有名な企業であれば資金注入も多くそれを利用しての経営向上できる確率も大きいと言えますが、しかし資金注入をすれば経営向上ができるほど経済というのは甘いものではないのです。株の銘柄で失敗するパターンのひとつは資金注入が安定していたとしても、その企業運営が現在の経済の流れに逆行しているとなったときには信頼が低下し資金は安定していてもその後発展は望めずに上げどまり状態になってしまい結果損のほうが多くなります。そして株の銘柄で失敗するパターンの2つ目は、基本的に上げるか下がるかを呼んでそのうえで上がった段階で売りに出して利益を上げることも一つになります。しかしいくら安定した企業であっても下がるときは下がるものであり、そのタイミングが測れないと有名で信頼のおける企業であっても購入した時よりも少なくなったりまた下げ幅が多くなり利益自体が消えることになります。

株の銘柄ランキングなどを極める

証券会社に口座を解説すれば様々な情報を知ることが出来ますが、その情報の一つとして多くの証券会社が提供しているものがランキングです。株についていろいろな尺度からランキングにして表示してくれていることが多いです。これらを利用すると、新しい銘柄を見つけられる可能性があります。例えば、何から取引を初めて良いのかわからない人の場合、売買代金ランキングを参考にするのは良い方法です。売買代金が大きい銘柄は流動性が高く、多くの場合には日本の大手企業です。ですから、暫くの間売買ランキングの上にある銘柄なら、かなり規模の大きいものですから、その点では安定性はあると考えられます。何か変化の合った銘柄を逃さないようにするためには、売買急増ランキングなどを参考にすると良いです。売買代金や出来高が急激に増えたもののランキングですから、ここ最近で何かニュースが流れたり、あるいはインサイダーで情報が流れたりしている銘柄がこのランキングの上位にランクインすることがあります。売買代金や出来高が急激に増加した銘柄があれば、短期的な投資対象としては魅力的なものだといえるでしょう。長期的に投資をしようと思っているのなら、配当金利回りやPBR、PERなどのランキングを参考にするのも良い方法です。配当金利回りが高く、PBRが低くてPERも低い銘柄があれば、割安銘柄だと判断ができるでしょう。長期的に保有をすることによって株価が上昇する可能性があります。これらの株価指数のランキングで上位にあるものをチェックしていくと、割安銘柄を見極めることが出来ますから、長期的な投資をする際の銘柄の選定では効果を発揮する方法だといえるでしょう。
■ある人のブログ「投資信託より株の方がいいじゃん」
投資信託解約のススメ
■低位株とボロ株について
低位株&ボロ株のおすすめ

ページの先頭へ戻る